スキレットで『さつまいもと舞茸のリゾット~カリカリベーコンのせ~』少ない調味料でシンプルレシピ

アウトドアレシピ

スキレットで作るリゾットは、簡単かつ時短、見た目にもお洒落に仕上がるので、我が家では普段の食卓にもかなりの頻度で登場する。

今回は秋の味覚「さつまいも」と「舞茸」を使ったリゾット。

ホクホクのさつまいもと舞茸の風味がよく、調味料は塩、コショウ、粉チーズだけだが、後のせのカリカリベーコンが味にアクセントになる。

簡単だけど本格的に仕上る秋の味覚おすすめレシピがこちら。

『さつまいもと舞茸のリゾット~ベーコンのせ~』レシピ

使った道具

スキレット(8インチ)

材料(1~2人分)

  • 米     150ml
  • 玉ねぎ   1/4個
  • サツマイモ 100g
  • 舞茸     50g
  • ベーコン   2枚
  • 白ワイン  50ml
  • 水     500ml
  • 塩    小さじ2/3
  • 粉チーズ 大さじ2~3
  • 黒コショウ   適量
  • オリーブオイル 適量

作り方

  1. さつまいもは約1.5㎝角に切り10分ほど水につけておく。舞茸は小房に分ける。ベーコンは1㎝幅に切り、玉ねぎはみじん切りにしておく。
  2. スキレットを火にかけ十分温まったところに、オリーブオイル(大さじ1/2程度)ベーコンを入れる。ベーコンがカリッとするまで炒めたら別皿に取り出す。
  3. キッチンペーパーでスキレットの汚れを取り除く。
  4. 再びスキレットを温め、オリーブオイル(大さじ1程度)を入れ、弱火で玉ねぎを透明になるまで1~2分炒める。
  5. お米(洗わずそのまま)を加え、全体に油を絡ませるように1~2分炒める。
  6. 白ワインを入れ、混ぜながら水分を飛ばす。
  7. ほぼ水分がなくなったところに、水の半量(250ml)さつまいもを加え軽く混ぜる。中火にして煮立ったら弱火にしてそのまま触らず6~7分煮る。
  8. 水分がなくなってきたら、残りの水(250ml)舞茸を加え軽く混ぜ合わせる。中火にして煮立ったら弱火にして6~7分そのまま触らずに煮る。
  9. 鍋底に少し水分が残っている程度になったら、粉チーズを加え大きく混ぜ合わせながら、余分な水分を飛ばす。
  10. ベーコンを乗せ、黒コショウ、好みで粉チーズを振りかけたら出来上がり。

ポイント

リゾットはできればアルデンテで楽しみたい。「作り方8」の段階で硬さを確認しをして、柔らかいリゾットが好みであれば、水を足して好みの固さになるまで煮る時間を調節していただきたい。

この時に塩加減も味見してみるといい。最後にベーコンが乗るので塩味は控えめがオススメ。


さつまいもはあく抜きのため水にさらしているが、時間がなければ切ったサツマイモを水のなかでガラガラとかき混ぜるように洗ってから使おう。

度々混ぜる工程があるが、ゆっくりと大きく混ぜよう。でないとサツマイモが砕けてしまうTT。

また、粉チーズを混ぜる段階で、スキレットの底に少し水分が残っているくらいの方がきれいに混ざる。水分が多ければ、そこから火を強くして水分を飛ばす。


普通のフライパンでも簡単にできるので、ぜひ秋の味覚をご堪能あれ^^。

タイトルとURLをコピーしました