『りんごのコンポート』簡単レシピ♪りんごの品種や甘さで砂糖の分量を変える

キッチンレシピ

りんごをたくさんいただいたので、しっかり堪能した後、残りをコンポートにすることにしました。

LODGEのサービングポット(2pt)は、家での煮込み料理にとっても重宝しています。
圧力鍋では煮込まれ過ぎるし、普通の鍋では時間がかかる…そんなとき、サービングポットはうまい具合にちょうどその中間!

りんごのコンポート作りにも、おすすめです。

『りんごのコンポート』レシピ

使った道具

LODG社サービングポット(2qt)

スキレットカバー(蓋)

※普通の鍋でももちろんOK!(加熱時間は少し長めに調整してください)

材料

【サンつがる】使用

  • りんご(サンつがる)2~3個(400~500g)
  • 砂糖(あればグラニュー糖)100g(りんご重量の約20%)
  • レモン汁  大さじ1
  • 水 50ml

【ふじ】使用

  • りんご(ふじ)2~3個(400~600g)
  • 砂糖(あればグラニュー糖)40g(りんご重量の約8~10%)
  • レモン汁 大さじ1
  • 水 50ml

作り方

  1. りんごは芯をくり抜き、12~16等分に切る。
    ※お好みで皮をむいてください。
  2. サービングポットに切ったりんご、水、砂糖、レモン汁を入れ、中火にかける。
  3. 水分が煮立ったら軽くかき混ぜて全体をなじませ、蓋をして中弱火で8~9分煮る。
  4. 火を止め、粗熱が取れるまで放置。
  5. 温かいままでもよし、もしくは粗熱が取れたら別容器に移して冷蔵庫で冷やして食べる。

ポイント

りんごの種類やお好みによって、砂糖の量を調整してください。

砂糖の量の目安としてはこちら

【りんごの重量に対する砂糖の分量の目安】

  • 甘味が弱く酸味が強い種類(紅玉など)りんご重量の40~50%程度
  • 甘味と酸味のバランスがよい種類(サンつがる・ジョナゴールドなど)20%程度
  • 甘味が強い種類(ふじ・王林など)8~10%程度

※あくまでも目安ですのでお好みで調節してください。

今回紹介した「サンつがる」という品種は、「サン」がつかない「つがる」と比べ、成長段階で袋をかけず太陽の光をしっかり浴びている分、甘味が強いです。というわけで、「つがる」よりも砂糖を控えめに作っています。


また、「サンつがる」「ふじ」は果汁が多い品種です。煮過ぎると煮崩れを起こすため、くれぐれも煮過ぎないのがポイントです。竹串がスッと入ったら、火を消して余熱で十分です。

ちなみに、お菓子作りに向いているといわれる酸味の強い紅玉、ジョナゴールド、シナノゴールド、きおうなどは煮崩れもしにくいです。


近年新しい品種のりんごが増えてきましたね。今後も、いろんなりんごを試していきたい思います^^

タイトルとURLをコピーしました