スキレットで『ローストビーフ』簡単なのに一瞬で豪華な食卓になる絶品簡単レシピ♪

アウトドアレシピ

スキレットの蓄熱性を生かし、しっとりジューシーなローストビーフが出来上がります。

キャンプやアウトドアはもちろん、特別な日やお客様を招いてのホームパーティーなど、食卓に華を添える最高の一品です。

スキレットで『ローストビーフ』レシピ

使った道具

  • lodgeスキレット 10 1/4インチ
  • スキレットカバー
  • (アルミホイル)30㎝×30㎝ 2枚

材料

  • 牛肉ブロック 500~600g
  • にんにく 1片
  • 塩・黒コショウ 適量
    (お好きなスパイスを加えても)
  • 油  大さじ1

【ローストビーフのたれ】

  • しょうゆ 大さじ2
  • 酒 大さじ2
  • 砂糖 大さじ2
  • 練りわさび 小さじ2
    (お好みで調整してください)

作り方

1、下準備

牛肉はあらかじめ室温に戻しておく。
その後、塩コショウを多めに擦り込み、ラップでくるんで30分~1時間おく。にんにくは潰しておく。

2、焼く

火にかけ熱くなったスキレットに油とにんにくを入れてなじませ、牛肉全体に焼き色がつくように全面を焼いて取り出す。

3、余熱で火を通す

アルミホイルで2重に包んで(2枚に重ねて包むのではなく、1枚で包んだものをさらにもう一度包みます)、先ほどのスキレットに戻す。

スキレットの中には脂や肉汁がありますが、あとでソースを作るときに使うので捨てずにそのままで。

スキレットカバー(蓋)をして30分、スキレットの余熱でお肉にじっくり火を通す。

4、ソースを作る

余熱が完了したら肉を取り出し、肉を包んでいたアルミホイルにたまった肉汁をスキレットに流し入れ、しょうゆ、みりん、砂糖を加え、一度煮立たせてアルコールを飛ばす。練りわさびを合わせて混ぜ、別容器に移す。

5、切り分けて食べる

出来上がったローストビーフは薄く切り分けて、お好みのソースをかけて食べる。

ポイント

今回は塩と黒こしょうで下味をつけていますが、お好みのスパイスやシーズニングソルト、クレイジーソルト、ほりにしなどに変えてもらっても大丈夫です。いずれもタップリめにかける。

余熱時間はお肉の大きさによって調整してみてください。

すぐに食べない場合は、ジップロックなどに入れて冷蔵庫に入れ、食べる直前に切り分けましょう。

まとめ

ローストビーフはキャンプやアウトドアでも簡単にできるのでオススメ。
焚火の火を使って、ジュ~っと音を立てながら焼くのは格別です。

ぜひ試してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました